Suicaどっとinfo

ちびかんの公式ブログです。Suicaドメイン取りました

090:需要はないけど台風21号の我が家の被害状況

台風21号で停電発生、現在50時間超です。

泉州地区:大阪府南部、関西空港近隣エリア)

 

上下水道は大丈夫なので、スーパーで弁当を買ってきて

冷たいシャワーに我慢できればなんとか、という状態です。

私は元々家事をしてない人なので

 

うちの地区はプロパンガスなのですが、あいにくオール電化に切り替え済。

カセットコンロで家族全員の食事はまかなえないので、

当面はスーパーのお惣菜生活です。

 

ちなみに上からの配給はブルーシート1枚です。

 

(仕事の状況)

・停電です

・自宅電話、FAX、プリンタがダウン

・クーラー動かんのでどのみち家にいられない(暑い)

パソコン、ケータイ、プリンタで完結(させようと思えばできる)する仕事

ですので、外部ワークスペースで電源に繋げば特に問題ない。

印刷も、少ない枚数ならネットプリント→コンビニで。

 

働き方自体はあんまり変わってないです。

 

一番迷惑なのがFAX。あっちが送信したのかどうかが分からん。

 

仕事関係なら順番に電話連絡(営業継続の連絡)をしてるので済むんですが

地元の会合なんかの連絡が未だにFAX一本。

(まあこんな時期に重要な連絡は送らないでしょうが)

 

 

行動範囲内の状況をメモ書き。

・ガソリンスタンド、スーパー、ホームセンターはだいたい大丈夫 

給水と食料の配給があると一気に災害っぽくなりますが

今は駅前のATMでお金を下ろる→隣のほっかほっか亭、で片付きます。

 

電池もカセットコンロもコーナンで売ってる(販売数量の制限あり)ので

「物流って大事だなあ」とつくずく思います。値段もいつも通りだし。

 

・信号柱を中心に90度以上回転してる…箇所が多数。凄くあぶない

・停電で信号が死んでる箇所がかなり残っている

・今現在も、国道にある信号の電気が消えたままです

停電と風の被害で、信号システムがかなりやられてます。

すでにサンデードライバーは車に乗れない状態です。

(高齢者ドライバーを急に見なくなった)

 

・区画ごとに停電が続いてる地区があり、そこだけ信号が消えてる。

・電柱は100mに一本以上の割合で傾いてるか倒れてる。

・電線が垂れ下がって立ち入り禁止になってる区画も複数あり。 

テープを貼って通行注意…となってない柱も傾いてるので

全部直すのには相当の時間と費用がかかるでしょう。電気代は値上げだ。

 

・古い家の瓦はだいたい飛んだ

・壁が剥がれたり塀が壊れたり

・看板が飛んだり ←むちゃくちゃ多い

・イオンのガラスのインテリア?が落ちたり色々

・倒れる街路樹は順番に伐採・廃棄

看板が支持する鉄柱ごと曲がって地面に…など。

地元の飲み友達(看板屋さん)は、2日間停電を食らいながら

現場を飛び回ってそろそろ10歳くらい老けてる頃だと。

 

今期何度目かの台風のためか、

「大きなものがショーウインドーに突っ込んで大破」というのは

見てません。飛ばされるべきものはすでに飛ばされてたのか。

 

・ビニルハウスのビニル飛ばされてる率は100%を達成 

台風の上陸地点から東側では、農作物が全滅してると思います。

今後、野菜と果物が値上がりするでしょう。

うちの地区は米はあまり作ってないので、影響がでるか不明。

 

関西空港にタンカー突っ込む

日根野電車区で電柱が倒壊←?

尾崎駅が全焼

・南海汐見橋線が長期運休

水間鉄道が駅舎に損害、不通続く

うち(衆議院大阪19区)選出の議員によれば、

2本目の連絡橋を作る話は何度も出して全部はねられてたそうです。

 

今回、活躍したのはベイ・シャトル

いらない子扱いされてた人が突然輸送の主役になって、

ファンもビックリしたんじゃないでしょうか。

ベイ・シャトルも被災した側なのを忘れないでね。

 

 

移動するたび、ため息しか出ません。

阪神大震災の時にJR神戸線に乗ったとき、同じことを思ったんですね。

長く生きてると、自分に順番が回ってくるんでしょう。

こういうのに慣れたくはないですね。本当に。

 

 

泉州地域の被害が報道されることは(北海道自身の影響で)なさそう

ですが、記録を兼ねて。

今回は写真を一切撮ってないので、早く忘れられるのが一番なんでしょう。

 

最後に、最後まで見た方へのお願いです。

いつもどおり、電車やかわいいキャラクターやバラエティ番組で

楽しい生活をしてください。

 

義援金は北海道に送ってもらえればいいので、

気が向いた時に少しだけ、台風被害の人のことを応援してください。

 

では、続きはTwitterFacebookで。