Suicaどっとinfo

ちびかんの公式ブログです。Suicaドメイン取りました

「寝過ごしたら東京」は新潟駅でも(098)

www4.nhk.or.jp

ドキュメント72時間「東京駅 銀の鈴編」を視聴。

待ち合わせスポットとしてそこそこ有名なので、どんな人が見れるかなあ…というのが事前の期待です。

 

登場したのが、70代男性の3人組。

「大学院時代の友人」とあってもしかしてと思ったら、全員元教授。

50年前の大学院は、今とは違いますからね。

大学数が増えてポストも増える時期、進学する時点で選抜されてるだろうし

研究職につきたくてその道に進むんだから、職業選択の一環だったんでしょう。

(今の博士課程進学は状況が違う)

 

新潟の看護師が勤務終了後に新幹線に飛び乗った後記憶が飛んでて

気づいたら銀の鈴前のベンチで寝てた…というのも興味深い。

 

2時間ですからね、上越新幹線だと。

千葉市から新宿まで通勤するのと変わらないでしょ。

軽く飲んで、電車を間違い、終点まで寝過ごしたら東京。

 

リニアが開通すれば、名古屋から品川まで40分。

栄で22時まで飲んで麻布の自宅に終電で帰る時代も、もうすぐです。

交通機関が発達すると、人間の生活が全く変わってきます。

 

<<更新情報>>

触れる!遊べる!弥生文化博物館を満喫だ(その2)(093) - ちびすけが行く〜Suica's chibisuke goes〜

「出土品・レプリカに触れる」コーナーは前からありましたが、

2015年のリニューアルで大幅にパワーアップ。

強化されたのはSNS対応。写真映えする企画がとにかく増えた。

 

卑弥呼の服、貫頭衣、エジプトの服を着て記念撮影してInstagramにアップしようという特定の層に受けそうなコーナーもあります。

 

記事でも分かるように、写真映えする展示がたくさんあるので、

こういうコンテンツを必要とするのは”歴史に全く興味のない層”なのかなー。と。

 

ブログを始めるなら詳しい人に聞こう→「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる(097)

困ったことは本で調べるのが一番です。

 

ブロガー向け高額セミナーを主催されてる方が、セミナー内容をまとめた書籍です。

セミナーだと終日拘束されるので、書籍で勉強できるのがありがたいです。

 

参考→セミナー | No Second Life

 

「情報発信をしてる人は少ない、多くの人は交流目的」

「文章は毎日「書く」、「書きためて毎日更新」ではない」

「文章を書くのは筋力。鍛えれば回路が繋がって質量が充実してくる」

「ハードルを極限まで下げ、その代わりに毎日続ける」

 

あたりが気になったフレーズ。

 

仕事用サイト(で現在採用してる戦略)だと

「極限まで情報密度を上げて月2回だけ更新」という発想になるので

フリーランスの日記寄り記事とは少し違ってきます。

 

ここは一般向けのブログですので、当面は立花式の方法で行こうかしら。

 

<<TO DO>>

このブログを動かす

1日に使う時間、時間帯を固定する

その時間にタイマーを鳴らす 

<<更新情報>>

www.chibisuke.net

和風建築、縁側でコーヒーが 楽しめるスターバックスです。

日中に行くのは初めてでしたが、いいですね。

日本人にはテラスより縁側ですよ。縁側。

pat.hateblo.jp

イコちゃん情報で「バズる」のは年に数回。

改札機に閉じ込められる駅も次第に減ってきてるので、

これが京阪さんの耳に届いて勢力拡大のきっかけになれば…と思います。

 

Bs佐藤達也選手が引退した話(096)

www.buffaloes.co.jp

オリックス・バファローズで応援してる数少ない選手の1人。

(応援してるのは3人くらいです)

 

全盛期は2013〜2014年の最優秀中継ぎ投手になった頃。

ストレートを待っている打者にストレートを投げて三振を取る男前な投手で、

パリーグの剛速球投手といえば佐藤達也」でした。

 

球場に登場曲「心絵」が流れると胸が躍りましたっけ。

 

速球派は1度故障をすると辛いですね。特に中継ぎは。

ストレートが衰えたときに変化球投手に変われる人は多くないでしょう。

佐藤選手はコントロールや変化球も平均以上だったと思いますが

カウント球と決め球が簡単に打たれるとピッチングの組み立てができない。

 

一軍ではすっかり見なくなったしここ3年(特に2017年以降)が酷い成績。

トレードか戦力外になるのは覚悟してました。

 

功労者なので引退試合をしてもいい気がしますが、

ドラフトとの兼ね合い、移籍か自由契約など裏で事情があったんでしょう。

 

これからはフロントからチームの後押しをしてくれるそうなので

今後の活躍に期待しています。

 

お疲れ様でした。

 

「2001年宇宙の旅」IMAX版を鑑賞(095)

f:id:eo64air:20181022165208j:plain

地元の映画館(ユナイテッドシネマ岸和田)で上映してたので鑑賞。

オリジナル版の上映から50年。ついにIMAXスクリーンで見れました。

 

やはり音楽映画ですね。

音響のいいところ、可能なら映画館で見た方がいい作品です。

 

前半は雄大な風景、画面が動かない、セリフがない、荘厳なクラッシクの音色と

眠くなる要素がふんだんに盛り込まれてます。

 

今回が5回目の鑑賞(自宅・映画館含む)ですが、

毎回同じ場所で寝てます。今回も寝ました。

休憩時にふと後ろを見たら、全員寝てました。そういう映画です。

 

本編のストーリーがよく分からず(特にHALを壊してから)、

原作と制作秘話をよく読まないと辛いなーと毎回思います。

(まだ読んでないです、ごめんなさい)

 

 

古典名作系が好きなので、リバイバル上映にはよく行ってます。

古い作品、長い作品を自宅でみるのはしんどいので、

映画館の強制力を使ってなんとか消化してます。

 

アラビアのロレンス、戦場にかける橋の2本を見れたのは

リバイバル上映企画(午前十時の映画祭)のおかげ。感謝してます。

www.cinematoday.jp

togetter.com

あまり質は高くないですが、感想一覧もどうぞ。

 

今回は2週間限定上映。2018.11.1に上映が終わります。

もう1回くらい行ってもいいかな〜とは思いますが、

わざわざ時間を作ってやっぱり寝る、というのが悔しいんですよね。

 

オリックス・バファローズ 2018ファン活動振り返り(094)

オリックス・バファローズ 今年のポイント交換商品です。 

f:id:eo64air:20180929053221j:image

泉州タオル 

ボールペン(ジェットストリーム) 2本

過年度のピンバッジ(金子、中島)

 

実用品ばかり選びました。全部、毎日使ってます。

 

今年は会員種別を上げた(還元率アップ)のと

グッズをいくつか買った(1万円のバッグが効きました)ので

 

バファローズは今年も、いつもの位置。

毎年、9月下旬の胴上げしそうな時期は予定を一切入れず

全試合応援に行けるようにしてますが、うむ。いつか報われると信じてます。

 

 

野球観戦を再開(2015年)してからずっとBクラスですし

西村新監督にはせめてCS進出をお願いしたいです。

 

恒例のJSPORTSダイジェスト映像。

増井さんも数字上は大活躍でしたが、観戦した試合でセーブ失敗が3回くらいあって

当分顔を見たくないです。ごめんなさい平野佳寿ファンで。

 

応援してる選手がそろそろ戦力外かトレードに出されそうなので

今月は油断できません(内容が内容だけに、名前を出せない)。

 

深夜特急(全6巻)完走しました(093)

30歳をすぎてこの本を読んで、一体どうしたいんだ。

深夜特急〈1〉香港・マカオ (新潮文庫)

深夜特急〈1〉香港・マカオ (新潮文庫)

 

 1巻(香港・マカオ編)が最高傑作です。

後半は、旅から執筆まで相当の時間が経ってることもあり

哲学的で内省的な記載が増えます。

 

実際、旅行中も内省的だったんだろうけど、20代にしてはおっさんくさい。

 

2巻以降は、香港の市場とつい比べてしまい物足りないな

→だんだん旅慣れ、旅擦れし、バックパッカーらしくなっていく

→最初の「熱」がなくなって、ケチで無感動に

→他のバックパッカー、日本人を避け出す

 

と。放浪の旅も長くなると

「実生活」「旅行」から切り離された存在になるので

そのまま戻ってこない人もいるでしょう。

 

印象的だったのが、

「旅行者の相手をするのは老人と子どもだけ」

「ただ町をブラブラして通り過ぎるだけで、その国のことはなにも分かっていない」

というセリフ。

 

私も業務上、数回しかやったことのない国で

「ロシア(あくまで例えですよ)は○○なので××しましょう」のような説明を

しますが、本当に分かってるのかというと?

 

「私は○○を知り尽くしてる」という人の方が危険なのかも知れません。

深夜特急〈6〉南ヨーロッパ・ロンドン (新潮文庫)

深夜特急〈6〉南ヨーロッパ・ロンドン (新潮文庫)

 

 私の世代だと「バックパッカーのバイブル 」でしたが、

バックパッカーに対して否定的なことが相当多い。

 

典型的なバックパッカーから批判されると結構辛いと思うけど

読んでなおかつ「行こう」と思うなら、旅人になる適性があるんでしょう。

 

第一巻刊行が1986年(32年前)、沢木耕太郎さんは現在70歳。

昭和末期のお話。遠い昔になりました。

 

独自ドメイン(suica.info)を取りました(092)

いいドメインが売りに出てたのでさっと抑えて設定変更。

 ICOCAで適当なドメインがなかったので、Suica派に寝返りました。

www.suica.info

www.chibisuke.net

 

ここ http://www.suica.info

ちびすけ http://www.chibisuke.net

(イコちゃんのは、英語で適当なのがない。日本語ドメインになるかも)

 

はてなブログ独自ドメインの設定が簡単なので、いいですね。

かかったのは1400円+1時間くらい。ちょうど本1冊くらい。

はてなブログの会費もかかるので、実際は年4000円(1サイトあたり)くらい。

 

「ちびすけドメインをわざわざ取得する人」という時点で、

本気で・真面目にやってるのが伝わります。

ちゃんと設計したサイトに見えるのでやる価値は十分あると思います。

 

 

2)ブックマーク変更のお願い

過去のリンクから自動的に(新ドメインへ)転送されます。

ブックマークはそのままで大丈夫(たぶん)ですが、

新しいURLで再度お気に入り登録していただけると嬉しいです。

 

 

3)更新頻度・扱う内容を変えます

・更新の告知(→他の管理サイト) ブログ間の連携もやります

・読書、テレビ、ニュースの感想 文字数が少なめ(600字〜)です

 

週2くらいの更新にしたいので、

軽いネタ、SNSで一言コメントをして片付けてたネタも扱う予定です。

SNSへの接触時間を減らしてるんで、その投入先です)

 

今まで、文字制限のないSNSみたいな使い方をしてきました。

不定期だとやっぱりお客さんがつかないので、

これを機にこのブログも育てようと思います。

f:id:eo64air:20181003231336j:plain

↑天空に乗ったとき。二羽とも裸の時代です

 

ネットでの画像収集はずっとやってきましたが、

人のを集めるより、自分で撮ったほうが楽しいです。

 

何事も自分でやるのが一番です(それが可能ならば)。